平成30年度高校生地産地消お弁当コンテスト WEB投票は終了いたしました。

  • 学校名
    石巻好文館高等学校
  • お弁当名
    みんなのお弁当
  • メニュー
    • 餃子の皮で作れる簡単グラタン
    • 枝豆と塩昆布の混ぜご飯
    • 味噌漬けから揚げ
    • 切り干し大根 等
  • お弁当に込めた思い
    宮城のみそを下味に使い、鶏肉も宮城産を使った和風から揚げがメインのお弁当!その他にも、地元の野菜をふんだんに使ったグラタンや切干大根も入っており、和洋折衷なおかずも楽しめるお弁当にもなっています。お弁当のタイトルは私たちみんなが好きなメニューをいれたため、このタイトルにしました。

  • 学校名
    加美農業高等学校
  • お弁当名
    宮城の贅沢弁当
  • メニュー
    • 海と畑の合わせ飯
    • うまみいっぱいロール
    • 麩わふわ味噌の卵焼き
    • 牛ぎゅっとうまいりんごのしぐれ煮 等
  • お弁当に込めた思い
    県内の海と大地と山の幸をふんだんに使ったお弁当を考えました。栄養のバランスだけでなくどのおかずも食べてびっくりするおいしさです。幅広い方々に喜んでもらえるような献立にしました。特に、味噌味の卵焼きや、ご飯は自信作です!

  • 学校名
    気仙沼高等学校
  • お弁当名
    三陸の海の幸 ギュッと!ギョッ(魚)と!弁当
  • メニュー
    • サメの唐揚げ~柚子あんかけ風~
    • 鮭と油麩ご飯
    • 小エビの卵焼き
    • 野菜のオイスターソース炒め 等
  • お弁当に込めた思い
    フカヒレは高級食材として有名ですが、サメ肉はヘルシーで栄養満点であるにもかかわらず、臭みが強いことで廃棄されることが多く家庭ではあまり食べる習慣がありません。どうにか利用できないものかといろいろ試行錯誤し、気仙沼大島産の柚子の香りを活かしておいしく仕上げることができました。三陸の海の幸をギュッと!詰め、またギョッ(魚)と!驚くお弁当にしました。

  • 学校名
    気仙沼高等学校
  • お弁当名
    まるごとさんま弁当
  • メニュー
    • さんまの炊き込みご飯
    • さんまのパプリカ詰め
    • さんまサラダ
    • 梅卵焼き 等
  • お弁当に込めた思い
    秋の味覚である気仙沼のさんまが主役のお弁当です。近年不漁になってきているさんま1尾を、お弁当で食べきれるように使ったところがポイントです。彩り、栄養バランスを重視して、地元の産物と組み合わせることで、3種の味のさんまを、存分に味わえるお弁当に仕上げました。

  • 学校名
    仙台白百合学園高等学校
  • お弁当名
    みちのく玉手箱
  • メニュー
    • サンマごはん
    • 人参たらこ
    • さつま揚げ
    • ラディッシュと黄色パプリカの簡単ピクルス 等
  • お弁当に込めた思い
    宮城を代表する気仙沼のサンマ、亘理のホッキ貝、大衡のパプリカ等、素材の持つ美味しさを、塩・酢・しょうが・レモンをベースに、さっぱりと味付けしました。彩りも意識し、爽やかな宮城の海を詰め込んでいます。

  • 学校名
    仙台二華高等学校
  • お弁当名
    ボリューム満点!宮城いいとこどり弁当
  • メニュー
    • 秋刀魚のパエリア
    • 卵焼き
    • オクラとパプリカの肉巻き
    • 仙台麩の1口ピザ 等
  • お弁当に込めた思い
    どのおかずにも秋刀魚、仙台味噌、青ねぎ、仙台麩、笹かまぼこといった宮城の有名な食材をふんだんに使ったメニューにしました。さらに、このような和の食材を老若男女問わず食べてもらえるように、洋風にアレンジしたものもあります。このお弁当がより多くの人に届くといいなと思います。

  • 学校名
    仙台二華高等学校
  • お弁当名
    宮城つめつめ秋弁当
  • メニュー
    • 梅しらすご飯
    • ほうれん草のおひたし
    • れんこん入りミートローフ
    • さつまいもの茶巾しぼり 等
  • お弁当に込めた思い
    出来るだけ宮城県産の食材を使って作るように心掛けました。おひたしにうーめんを使うなどの工夫も取り入れました。また、秋が旬の食材を使い秋らしさを意識しました。鯖に味がしっかりと染み込んでいるので、あんかけは薄味にしました。

  • 学校名
    仙台二華高等学校
  • お弁当名
    まめっ子みやぎ弁当
  • メニュー
    • ダブルまめ揚げボール
    • シャケチーズ
    • うーめんおいなり
    • 青葉ギョーザ 等
  • お弁当に込めた思い
    揚げボールの衣に仙台麩を使用したり、おいなりの中身を温麺にしたりと宮城らしさにこだわりました。また、宮城県は大豆の生産量が全国2位ということから、納豆や味噌、豆乳といった大豆製品を多く使用しました。

WEB投票について

上記の8作品について、最終審査会(11月3日(土・祝))に先立ちWEB投票を実施します。

最終審査会ノミネート8作品の中から「応援したい、食べてみたいお弁当」を1作品選んで投票してください。

最も得票数が多かった作品には特別賞として
記念品をプレゼントします!

WEB 投票特別賞記念品
食材王国みやぎオリジナルカッティングボード
(FSC認証県産木材使用)

投票期間

平成30年9月28日(金)~10月29日(月)

ルール

最終審査会ノミネート8作品の中からあなたが「応援したい、食べてみたいお弁当」を1作品選んで投票してください。

最終審査会受賞結果

11月9日を目途に本サイトでも発表させて頂きます。

注意事項

  • 複数回投票の場合は無効となりますのでご注意ください。
  • 投票はお一人様1回(1作品)のみとさせていただきます。

主催・後援・協賛・協力

主催

宮城県

後援

公立大学法人宮城大学/JAグループ宮城「県産県消」推進協議会/宮城県教育委員会

私たちも「高校生 地産地消 お弁当コンテスト」を応援しています!

協賛

イオンリテール(株)、(株)ウジエスーパー、ミニストップ(株)、みやぎ生協、(株)ローソン

協力

M・Kプロジェクト、JA全農みやぎ、宮城県漁業協同組合(50音順)